fc2ブログ

徳本峠から霞沢岳往復


 正直、霞沢岳のことは調べてなく

 小屋から4時間で山頂、3時間で降りてくるって事
くらいかな~

 いつも登ってる山って、たいがい山頂の直下に山
小屋があってとりあえずそこを目指す

 山頂往復1時間とか2時間

 DSC_1054.jpg

 今回のように小屋から往復7時間って山登りは初
めてのケース、しっかりとした装備で飲食料も雨具も
しっかりリュックに詰めて

 DSC_1057.jpg

 結構なめてた感じありました。

 2,600mの山って大したことないだろうって

 しかし、急な登りで一気に300m登り

 1時間くらいかな

 ジャンクションピークに到着です。

 やっと景色も見えます。 

 DSC_1059.jpg

 かなり登ってきましたがここから一気に同じく
らい下りまたのぽる。

 せっかく登ったのに稜線歩きはこんなアップダ
ウンの連続です。

 DSC_1060.jpg

 左に霞沢岳、右がK1ピークでしょうか

 最後の登りも急で400m登らなくてはいけま
せん
 
 DSC_1061.jpg

 小屋から3時間くらい歩いたでしょうか

 2,500mくらい登ったところで

 実は持ってきた水が帰りの分を考えたらたり
そうにない500mlを3本持ってきたんですが残り
1本、山頂まで1時間はかかるでしょうか、

 標高差も100m以上はありますか

 本当は食事の分の水もいります。

 腹も減った。実はお湯を沸かして食べるものしか
ありません

 DSC_1062.jpg

 そして何よりアップダウンが足にかなり負担だった
んでしょう。帰りの体力を考えるとね~

写真の枚数も少なかったのはかなりばてたせいかも

 座ってどうするか考え中

 やっぱり帰りまで水がもたないとなると熱中症になる
危険性もありあえなくここで小屋へ引き返すという判断

 事前の調査が甘すぎました。 

 DSC_1063.jpg

 何とか夕方近くに山小屋に帰って来れました。

 山小屋の人に聞くとやっぱり泊まって朝早く出発し山
頂を目指すのが基本って言われましたね

 最低3日間はいるってことになりますね

 DSCPDC_0000_BURST20190717152235962.jpg

 山小屋に帰って反省会です。

 普通はロング缶で祝杯ですが今回は反省会ていうこ
とでショート缶、かなり反省してるように見えますね

 腹も減ったので小屋でカップラーメンも作ってもらい
ました。実は箸を持ってくるのを忘れちゃって

 あわてて家を出てくるとダメですね

 夕方はやくに寝てしまい

 夜中にパラパラと少し雨の当たる音も

 DSC_1065.jpg

 4時半ごろ薄明るくなってきて

 朝飯をこしらえてテントのペグを箸代わりに

 鮭雑炊を食べました。

 DSC_1070.jpg

 5時過ぎに小屋を出発し

 1時間ほどで明神に

 明神の分岐から徳本峠、霞沢岳の往復で
山小屋以外で人と出会うことはなく、明神に
戻ってきて久しぶりに登山者を見かけました。

 本当に静かなところでした。

DSC_1072.jpg

 7時過ぎに上高地到着です。

 今日も天気良さそうですね~

DSCPDC_0001_BURST20190718073251174_COVER.jpg

 平湯までの帰りのバスは7時半

 こんな早く降りてくる人はいないようで

 お客さんは私一人の貸し切りでした。

 平湯温泉でも早すぎて日帰り温泉やってません

 もう踏んだり蹴ったりでした。

 今回の山旅は本当に事前調査と体力不足かな

 梅雨明けまじかまだまだ夏山始まったばかりです。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
最新コメント
ブログにお付き合いいただきましてありがとうございます。

キーサン

Author:キーサン
石川県金沢市内在住の50歳代のオッチャンです。スキーや登山、キャンプ、旅行などアウトドアや子供と遊ぶ事に命を懸けています。これからもお付き合いよろしくお願い致します。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -