スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吊尾根を渡って奥穂高岳へ



  前穂山頂から慎重に妃美子平に下山していよいよ核心
 部の長い長い吊尾根です。晴れてるうちに奥穂へ行きた
 いですね~

 吊り尾根1472077801148

  ほとんど稜線にも出ずに切り立った断崖絶壁の細い登
 山道を通って行きます。時にはロッククライミングのように
 しかりと4点でつかんで登ったり下りたりの繰り返しスリリ
 ング満点、高所恐怖症の私でも下を見なけりゃ案外行け
 るもんですね~しかし昔来た時はこんな怖い道だったか
 な~年を12歳も取れば感覚も違ってきます。50間近さす
 がに年を感じてきましたね
  

 吊り尾根_2491
 (過去の写真を使用)

  上高地から見ると白く吊り橋のように見えるのが吊り尾
 根です。右側が前穂で左が奥穂、どちらも同じような高さ
 に見えますが100mほど左側の奥穂の方が高いんです
 ね~その右が明神岳の5峰です。

 吊り尾根1472077818322

  時々、涸沢カール側をうかがう事が出来て雲の晴れ間
 にこんなきれいな景色が毎年紅葉を見に来るのが眼下に
 見える涸沢です。二つの山小屋と数張りのテントが見えま
 す。

 吊り尾根1472077871246

  ガスと岩との白黒の世界が広がってきます。

  やっぱり3,000mの幻想的な世界 

  ここまで半袖で十分でしたが日が陰ると気温も下がりま
 す。長袖のシャツに手袋を体を冷やすと動きが鈍ります。

 吊り尾根1472077893522

  しばらく行くと単独行の登山者が休憩してます。

  こんにちわ~っと

  一緒に立ち止まって長いですねってまだ1/4残ってる
 そうです。あと30分くらいかなって東京から来たという
 ロッククライミング出身でテント泊の登山をやってみようと
 始めた30代前半のお兄さんがいました。今日のうちに大
 キレットを超えて南岳へと思っていたそうですがあまりに
 も長くてきついのでどうしようかなと悩んでるところです
 と朝、上高地から上がって来たみたいで私が前穂に上
 がってる時に追い抜いて行ったようです。

 吊り尾根1472077955385

  いよいよ山頂が見えてきました。

  長い長い吊尾根のゴール地点です。

  日本で3番目(3,190m)北アルプス最高峰の奥穂高です。

  やりました。ばんざーい(12年ぶり3回目)

  複数回も登れる山ってやっぱりいいんでしょうね。好きな山
 なんでしょうね~どれだけ辛くても懲りないんですね~

  これがまた。この時点でまた来たいかと聞かれると言葉に
 困ります。なんかオリンピックのメダリストになった気分です。

  しばらくたってから答えが見つかるんでしょう

  先着がおられるようです。

  名古屋から来たというご夫婦、涸沢でテントを張って荷
 物を置いてのぼってきたそうです。この景色を見て感動し
 1時間以上もここにいるようです。念願の奥穂高だそうで
 す。気持ちよくわかりますよ

 吊り尾根1472077980064

  山頂には祠が奉られております。

  以前来たときは木製だった気がしましたが。

  最初に登った20年前に市毛良枝さんが取材で来てたな
 ~私も嫁さんと一緒に登った事を思い出しますね。何回も
 登ってるといろんな思い出がよみがえってきます。

 吊り尾根1472078016060

  時々ガスが晴れて景色も開けてきます。

  上高地のホテルの赤い屋根がはっきりと見えます。

  あちらからも見えてるでしょうか

 吊り尾根1472078034995

  振り返って見えるとこの険しい道のり

  辛かったな~よく頑張った頑張った。

  まだまだやるじゃねーか

  自分で自分をほめてやりたいですね   
 
 吊り尾根1472078080445

  山頂でくつろいでいると西穂、ジャンダルム方面(北アル
 プスきって難所)から人の声が聞こえてきます。目を凝らし
 てよーく見てみると何やら確かに動いていますね~あんな
 断崖絶壁の所に人がいるじゃありませんか~見ているこっ
 ちがヒヤヒヤです。数十分後到着です。名古屋のご夫婦と
 拍手でお出迎え(パチパチパチ)永遠、福島からの男女の
 ペアーです。ヤッターって達成感満載の笑顔あんな所を9
 時間も来たんだから達成した喜びはちょっと違いますね~

  山頂でみんなと喜びをわかちあって今日の幕営地である
 穂高岳山荘へ向かいます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
最新コメント
ブログにお付き合いいただきましてありがとうございます。

キーサン

Author:キーサン
石川県金沢市内在住の40歳代のオッチャンです。スキーや登山、キャンプ、旅行などアウトドアや子供と遊ぶ事に命を懸けています。これからもお付き合いよろしくお願い致します。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。