fc2ブログ

立山室堂へ


 今回目指したのは仙人池です。


 登山を始めた時から行ってみたいと思ってた
んですがなかなか行く機会がなく

 今回はこんな工程を組んでみました。

 1日目 立山・室堂~雷鳥沢~劔御前小屋
      ~劒沢~真砂谷ロッジ(泊)

 2日目 真砂谷ロッジ~二股~仙人池ヒュッテ
      ~仙人温泉~阿曽原温泉小屋(泊)

 3日目 阿曽原温泉小屋~欅平  

 DSC_0140立山1

 天気予報とにらめっこ

 ちょっとよさそうな週の半ば

 思い切っていってみることに

 目指す、劔、立山方面もはっきりと見えます。

 DSC_0142立山2

 まず、やってきたのは

 立山黒部アルペンルートの出発点でもある

 立山駅です。

 登山者用の駐車場へ車を入れて

 DSC_0147立山4

 徒歩で5分くらい登ったところに立山駅が

 ここからケーブルカーと高原バスを乗り継いで
立山の室堂へ向かいます。

 DSC_0145立山3

 平日の始発は7時でしたが間に合わず

 7時40分のケーブルカーに

 平日なのにけっこうお客さんいるんですね

 登山者やアルペンルートを行く人たち

 アジア系の外国人も多いですね

 DSC_0149立山5

 改札は出発の5分前から

 25年くらい前に雪の壁を見に来た以来のケーブ
ルカー

 懐かしいですね

 DSC_0152立山6

 すごい急こう配

 ワイヤー1本で満員のケーブルカーを引っ張り上
げます。結構怖がりの私はワイヤーが切れたらどう
しようなんて心配になります。

 DSC_0158立山7

 ちょうど真ん中で下りのケーブルカーとのすれ違い
ます。当然この時間だと誰も乗ってません

 DSC_0159立山8

 10分ほどで美女平駅に到着です。

 何が美女なのかわかりませんが

 由来があるんでしょうか?

 DSC_0160立山9

 ここで室堂まで1時間ほどの高原バスに乗る前に

 トイレへ、途中でしたくなっても困るので

 8時20分の予定でしたが人が多いので臨時のバ
スが出るみたいです。本当に平日と思えないくらい
の人ですね

 DSCPDC_0003_BURST20180926081556946_COVER立山10

 さぁ、室堂に向けて出発です。

 さっき並んでた時に仲良くなった横浜から来た登山者
と意気投合、バスの中ですっと山の話を

 彼は夜行バスで今朝、富山へ室堂からの先は一の越
からくろ四方面に出てそこから劔岳を目指すそうです。

 DSC_0163立山11

 さいよいよ室堂のホテルも見えてきました。

 しゃべってばかりで景色はほとんど見てません

 あっという間に到着でした。

 DSCPDC_0001_BURST20180926085346911_COVER立山12

 旅行気分もここまでです。

 しばらく体を慣らしてウォーミングアップ

 本日5時間で真砂谷ロッジを目指す予定

 今回は中日が雨の予定なので小屋泊りに

 いつもよりだいぶん荷物も軽くラクラクです。

 DSC_0166立山13

 スカッと晴れた真っ青の空と立山

 模型のようにそびえ立ちます。

 歩かずに2,450mまで登ってきて

 なんか罪悪感

 DSC_0167立山14

 いよいよここから登山の始まりです。

 仙人池へレッツゴー
スポンサーサイト



室堂から別山乗越へ


 1日目の工程

 室堂~雷鳥沢~別山乗越~劒沢小屋~劒沢
の雪渓~真砂谷ロッジ


 ちょっと頑張れば仙人池までは行けそうなんで
すがスタートが9時で真砂沢へは13時頃の予定

 劒沢の雪渓の具合次第では時間がどうなるか
わかりません。

 DSC_0169室堂2

 室堂出発 9:00

 室堂には人が多かったんですがみくりが池方面に
向かう人はそれほどでもない

 数人の登山者が劔、奥大日岳や仙人方面へ

 DSC_0168室堂3

 振り返ると室堂のホテルが

 歩きにくい石畳を歩いていきます。

 いやぁ~すっごくいい天気

 最高の秋晴れですね~

 気温も寒くもなく暑くもなく

 DSC_0170室堂4

 歩き始めてすぐにみくりが池が見えてきます。

 数人の観光客が写真を撮ったり景色を眺めた
りして休んでいます。

 DSC_0175室堂5

 池の横にはみくりが池のホテルが温泉も楽しめ
るようです。

 DSC_0178室堂6

 立山の草紅葉が進んでるようですね~

 DSC_0183室堂7

 硫黄のにおいがきつくなってきました。

 地獄谷です。

 白いガスがもくもくと見えます。

 DSC_0181室堂8

 別山や雷鳥沢方面

 こちらも紅葉してますね~

 DSC_0180室堂9

 いよいよ雷鳥沢へゆっくりと下っていきます。

 帰り道に最後のこの登りがきついんですね~

 DSC_0182室堂10

 雷鳥沢のキャンプ場のほかにホテルもあって
ここで泊まって次の日の日程を始める登山者も

 DSC_0190室堂12

 雷鳥沢キャンプ場2,350mです。

 DSC_0191室堂13

 この橋を渡るといよいよ本格的な上り坂

 奥大日岳方面と劔方面の分岐点

 DSC_0194室堂15

 きれいな水の流れ

 なんか癒されますね

 DSC_0186室堂16

 別山乗越にある剣御前小屋まで標高差400mです。

別山乗越への登り


 今日は何といっても山小屋泊まりなのでテント
やシュラフがないので荷物が軽い軽い
 
 DSC_0199劔4

 いつもの倍とはいきませんが気持ちよく登ってい
けます。軽やかで何人もの登山者を追い抜いてい
きます。

 DSC_0198劔1

 この辺りは赤がはっきりして紅葉真っ最中って感じ
ですね

 DSC_0197劔2

 それほど木が生い茂ってるわけでもないのですが

 やっぱり紅葉の紅はきれいですね

 DSC_0196劔3

 槍穂高と違って登山客も少なくて静かですね

 まだまだ登りは半分くらいかな

 DSC_0203劔5

 標高が上がるにつれて風も冷たく汗をかいた体に
は心地よく感じます。

 DSC_0205劔6

 室堂から歩くこと1時間40分で別山乗越の剣御前
小屋に到着です。コースタイムの半分くらい

 DSC_0207劔7

 標高は2,750mこの旅の最高地点です。

 山小屋の賑わいも全くありませんね

 ここら辺は劔や仙人池を目指す熟知した単独登山
者が多いみたいで話し声もあまりしませんね

 DSC_0206劔8

 振り返るとさっき登ってきた室堂や雷鳥沢や地獄
谷が、少し雲も出てきたようですね

 天気は下り坂のようです。

 DSC_0209劔9

 正面には劔岳の姿も

 かっこいいですね~

 いつか登ってみたいですね

 DSC_0211劔10

 さてここから劔沢の大下りが待ち構えています。

劒沢の下り・1


 今日はあと下るだけです。

 2,750mから一気に1,760mへ1,000mも下ります。

 DSC_0212劔沢1

 劔岳がだんだん近くなってきます。

 どこの登山道があるんだろうと思うくらいギザギザ

 DSC_0215劒沢2

 しばらく下るってキャンプ場を通り過ぎると劔沢小屋
が見えてきました。

 DSC_0217劒沢3

 室堂を出るときに登山届を提出しおじさんに劒沢を
下るなら小屋で雪渓の状況とルートを教えてもらいな
さいと言われました。

 DSC_0218劒沢4

 小屋の受付に聞いてみると親切に紙で書いた地図
を渡されて親切丁寧に説明してもらいました。

 平蔵谷の大きな岩を目印に見えたら雪渓に降りてく
ださいと

 11時30分に劒沢小屋を出発

 DSC_0219劒沢5

 紅葉し始めてきている小屋付近

 仙人池はあの劔岳の裏側にあるんですね~

 まだまだ先は長いです。

 DSC_0221劒沢6

 いよいよ水の流れも見えてきました。

 ゴォーっと音を立てて豪快に流れていきます。
  
 DSC_0220劒沢7

 全く汚れのないきれいな水です。

 冷たそうですね~

 DSC_0222劒沢8

 いよいよ雪渓だ見えてきました。

 大きな岩を探しながら崩れやすいわき道を慎
重に下ります。

 道の跡がわかりずらいので時々道を間違えて
しまいます。

 DSC_0223劒沢9

 このあたりの雪渓は薄く壊れやすくなってるよ
うなので絶対に乗らないようにと

 なかなか大きな岩が見つかりません

劒沢の大雪渓


 雪渓に無事に乗ることができました。

 アイゼンを装着してなれない雪渓を下ります。

 これほど大きな雪渓を歩くのって初めてです。

 DSC_0224劔沢1

 時々小さなクラックもできていてスリル満点

 踏み抜いて落ちてしまったら激流に流されて見
つかることはないでしょう

 DSC_0225劒沢2

 雪渓の厚みってどれだけあるんでしようかね

 秋になると雪渓も崩れて危険ですね

 結構急な斜面を下っていきます。

 雪渓のほうが歩きやすいですね

 滑りながらスイスイ下れます。

 DSC_0229劒沢3

 大きなクラックがあるので一度わき道へとピン
クの印があって誘導されていきます。

 山小屋関係者が安全な道を管理してくれてる
んですね~

 DSC_0231劒沢4

 最後は雪渓を横断して雪渓ウォークは終わりです。

 結構楽しいもんですね~

 もっと早い時期だと上から下まで雪渓を歩いて行け
るそうです。春スキーもできるみたいですね。
 
 DSC_0233劒沢5

 下のほうは雪渓も崩れてますね~

 これじゃ危険すぎて歩けませんね

 DSC_0240劒沢6

 空洞になってる場所もあります。

 薄っぺらいとこもあるんですね

 下には流れのはやい渓流が流れてます。

 DSC_0238劒沢7

 河原に出たり山の斜面を歩いたり

 歩きにくい道を下ります。

 時間がかかりますね~

 DSC_0239劒沢8

 遠くに真砂沢ヒュッテが見えてきました。

 まだだいぶん先だな~

 DSC_0243劒沢9

 気温も1,750mくらいなので暑いくらいですね~

 日差しも戻ってきました。

 さすがに1,000mの下りはきつかったですね~

 DSC_0244劒沢10

 真砂谷ロッジに到着

 1時半、さすがにもう仙人池に登る元気もありません

 この日は小屋に泊まることにしました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
最新コメント
ブログにお付き合いいただきましてありがとうございます。

キーサン

Author:キーサン
石川県金沢市内在住の50歳代のオッチャンです。スキーや登山、キャンプ、旅行などアウトドアや子供と遊ぶ事に命を懸けています。これからもお付き合いよろしくお願い致します。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -