スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉を見てきました。


  やっと仕事の合い間ができ、行ってきましたよ

  天気はあいにくの雨です。

  お昼ごろに上高地に到着

  観光客もまばら、登山客もぼちぼち

  IMG_4923秋山1

  さっそく出発です。

  ここ何回の山登りで恒例になりつつある雨の登りです。

  天気予報では爆弾低気圧で風も強いらしいが明日の昼頃
 から回復するみたいで明日涸沢へ行くともったいないので槍
 沢の紅葉でも楽しみ明後日は朝から晴れるみたいなので涸
 沢を目指したいと思います。

  IMG_4929秋山1

  1年ぶりの山登り、トレーニングも全くしてないのと新しい靴
 なので少し違う感覚、ゆっくりと歩きます。

  1時間ほどで明神へ到着

  IMG_4931秋山

  上高地の紅葉はまだまだ2週間後くらいが見ごろかな

  黄色に染まって綺麗なんですよ

  IMG_4932秋山

  徳沢のテント場もガラガラで平日でよかったな~

  徳沢のソフトクリーム食べたかったがちょっと寒いかな

  IMG_4937秋山

  さて、ベースキャンプの横尾へ到着

  ここ数年はここでテントを張ってます。

  テントの受付を済ませて雨の中、テントを張ります。

  平日なので10張位でしょうか

  冷えた体を日本酒で温めます。

  夜中目を覚ますと外は暴風雨

  ゴォーっという音とともにテントが揺れます。

  なんか飛んで来ないか心配で怖いですね

  夜中はこんな感じで何回も目が覚めてしまいました。

  明日の天気回復しますように
スポンサーサイト

横尾2日目の朝


  翌朝、テントをたたく雨音で目を覚ます。

  まだ、雨は降り続いています。

  夜の風と雨はすごかったな~

  と、思い出しながら朝飯の準備に取り掛かる。

  外を見てもぶあつい雲に覆われる空

  さてどうしようかなと

  1IMG_4939槍沢

  しばらく、待ってから槍沢へ出発

  横尾は涸沢、常念や蝶、そして槍の分岐点で

  今日はほとんどの人達が涸沢へと向かう

  私は、楽しみは明日にと一人槍沢方面へ向かう

  しばらく行くとゴーッとうなりながら増水した沢

  2IMG_5007槍沢

  またしばらく行くと倒木

  夜の暴風雨のすさまじさを感じさせる風景

  倒木は数か所もあった。

  自然の猛威ですね。

  3IMG_4948槍沢

  槍沢小屋手前でこんな景色が

  虹ができています。

  私にはなんかウエルカムって言ってるように聞こえます。

  しかし、上の方はまだ雨が降っているようです。
 
  4IMG_4953槍沢

  そんなこと言ってるうちに槍沢小屋に到着

  全く人の気配がない

  この時期、本当に槍の人気はないんですね

  槍に行くのはこの時期ですね。

  5IMG_4959槍沢

  上の方はまだグレーの雲に覆われています。

  ババ平のテント場では3張のテント

  一人の人とおしゃべりを開始

  今からどうしようかと悩んでる様子

  槍に行くべきかどうするかを悩んでるようでした。

  槍へはここから4、5時間かな

  しばらく歩いていくとさっきの人が追い抜かしていきました。

  6IMG_4977槍沢

  天狗の分岐を過ぎたあたりから天気が回復

  全く予想もしていなかった天気に一変です。

  空は真っ青に

  しかし、天狗池へは日頃流れてない沢が増水中で渡れない

  まっすぐに槍方面へ向かいます。

  しばらく行くと槍も顔を出してくれました。

  1年ぶりですね

  ここ何回かは姿を見せてくれますね

  7IMG_4972槍沢

  やっぱりかっこいいですね~

  ここまで来るつもりもなかったんですが

  一見穏やかな風景に見えますが、このあたりから稜線か
 ら吹き降ろす風が強くなってきました。
  リュックも持たず軽装で身長183cm体重63㎏の私は今に
 吹き飛ばされそうな状況です。

  しかも、風は冷たく寒い

  手袋をしてますが、手がかじかみしびれてきています。

  8IMG_4971槍沢

  殺生ヒュッテが見えてきました。

  そういえばお腹も減ってきたな~

  ここでお昼ご飯だ

  9IMG_4970槍沢

  なんとか殺生ヒュッテに到着

  辺りは閑散としています。

  近く見えますが

  槍ヶ岳山荘までの標高差200m

  山頂への標高差300m

  10IMG_4973槍沢

  そういえば昔、近くにある山小屋のヒュッテ大槍で連泊し
 槍周辺や南岳、天狗池を周ってお昼ご飯にと立ち寄った
 事ありましたね

  槍に来るなら山小屋の連泊もお勧めしますよ

 一度泊まった事もありましたね

  11IMG_4968槍沢

  お昼ご飯はできますかと尋ねると

  カレーライスかラーメン、カップめんもありますよと

  迷わずにカレーライスを注文

  出てきたカレーとっても美味しかったですよ

  さてこれからどうしようか

  山小屋の人ともおしゃべりをしながら

  この風で登るのはつらいのとやがて時間も昼を回って

  このまま肩の小屋へ行くと2時か~

  そうなると横尾までの帰りの時間も遅くなるので

  12IMG_4986槍沢

  景色を楽しみながら下山ですかね。

  槍はまた来年ですね。

  13IMG_4987槍沢

  あ~気持ちいいですね~

  秋の天気のいい日は、それも標高2,000mの世界は

  14IMG_4988槍沢
  15IMG_4989槍沢
  16IMG_4990槍沢

  ナナカマドの真っ赤に色ずく紅葉

  17IMG_4997槍沢

  朝登ってきた風景と同じ場所ですがまったく違います。

  青空とお日様の力でこんなきれいになるんですね

  18IMG_4998槍沢

  ほんのたまにですがすれ違う登山客と笑顔でのあいさつ

  自然と笑顔がこぼれます。

  
  20IMG_5006槍沢

  帰り道、山小屋のスタッフが倒木の処理をしてくれてます。

  数か所もあった倒木があと1か所に

  素早い対応に頭が下がります。  

  21IMG_5011槍沢

  夕方、ベースキャンプに到着です。

  天気がいいので昨日よりもテントの数も増えています。

  22IMG_5014槍沢

  雨で湿ったものをよく乾かしてと

  23IMG_5012槍沢

  明日は朝3時に涸沢へ向けて出発予定

  晩酌もほどほどに今日の槍と槍沢の紅葉の風景を思い
 出して早く床に就きます。

  明日は晴れますよに

いよいよ涸沢へ


  朝3時にアラームが鳴り涸沢へ

  風邪ひいたのか鼻水が止まらない

  持ってきたポケットティッシュなくなってしまいました。

  3時15分に出発です。

  コースタイムでは3時間くらいです。

  朝焼けには間に合うように頑張って登ります。

  1IMG_5017涸沢

  見上げると満点の星空きれいでした。

  天の川もばっちりお伝えできないのが残念

  暗闇の中、今年新しく買い換えたヘッドライトが明るくて大
 活躍してくれました。

  なんか暗闇を歩くと時間が早く感じます。

  昨日の疲れも無くぐんぐん足が進みます。

  2IMG_5020涸沢

  2時間半くらいで涸沢ヒュッテに到着

  だいぶん明るくなってきました。

  3IMG_5026涸沢

  ついて間もなく穂高の岩壁が真っ赤に染まりました。

  今まで見た事も無いくらいに真っ赤に染まってくれました。

  見事な朝焼け

  4IMG_5028涸沢

  皆さんいっせいにわ~っと大きな声が上がりました。

  知らない人でも気軽に話しかけてしまいますね~

  その場限りのお友達もできます。

  5IMG_5034涸沢

  なかなか見れないんですよ~

  この朝焼けも楽しみの一つです。

  6IMG_5032涸沢

  5分くらいこの赤い景色が続きます。

  7IMG_5035涸沢

  登ってきてまだ朝ご飯がまだでした。

  お腹ぺっこぺこです。

  売店でカップめんとパンを購入

  この景色を見ながらの朝食は一味違います。

  8IMG_5056涸沢

  さて、この後は紅葉を楽しみます。

  光と影、空の青、岩の色、ハイマツの緑、赤、黄色、橙色
 なんかいい景色ですね。

  この涸沢の景色は私の人生で間違いなく3本の指に入り
 ますね~

  ちなみに涸沢9連勝の雨知らずです。

  涸沢の晴れ伝説はいつまで続くでしょう

  9IMG_5041涸沢

  池に映る逆涸沢槍です。

  10IMG_5049涸沢

  北穂、涸沢小屋方面もいい色になってますね。

  10IMG_5053涸沢

  たっくさんテントの花

  11IMG_5074涸沢

  涸沢の流れと紅葉に染まる涸沢カール

  12IMG_5085涸沢

  ナナカマドの赤も綺麗でしたね~

  今年もこのような素晴らしい景色を見ることができて良かっ
 たな~

  また来年も必ず見に来ます。

  13IMG_5080涸沢

  今年は寒さ対策は万全でしたのでさほど寒く感じませんで
 したが氷がはってました。かなり寒いんですね。

  さてと、名残惜しいですが、今日は土曜日です。かなりたく
 さんの団体さんが涸沢目指して登ってくる事でしょう

  来年も必ず来ますよ

  早く下らないとすれ違いが困難になるほどで時間もかかる

  涸沢の滞在時間は1時間半でした。

  13IMG_5093涸沢

  9時ごろには横尾へ下ってきました。

  見てください横尾のトイレの行列

  涸沢に登る人多いですね

  14IMG_5092涸沢

  テント場もこの賑わい入れ替わり立ち代わりテントの数も
 増えてきました。

  15IMG_5094涸沢

  帰り道は上高地までの林道をゆっくりと3時間

  登る人や下る人でにぎわいを見せています。

  16IMG_5096涸沢

  徳沢で持ってきた食料が少し残っているので食べて帰り
 ます。もう少しこの素晴らしい景色を楽しみたいですね。

  17IMG_5098涸沢

  徳沢から上高地までは明神だけがとこからも見れます。

  18IMG_5099涸沢

  帰り道、遅い団体さん後ろに着くと抜かすのが困難

  前からもたっくさんの人が登ってきます。

  19IMG_5111涸沢

  無事に上高地に到着

  雲一つない本当にいい天気が1日半も続いてくれました。

  この旅、見れるものはすべて見れたのが良かったですね

  槍、槍沢の紅葉、真っ赤に染まった涸沢、涸沢の紅葉

  今、思えば槍まで登れたらよかったかなと思いますが、
 槍に登ると言う目的があればきっと登っていたでしょう。
  今回は何げなく槍沢を登っているうちにあそこまで行っ
 てしまったという感じでした。殺生ヒュッテにカレーを食べ
 行ってきたことにしておきましょう。

  今回も楽しい山旅になりました。

  また1ページ山の思い出ができました。

  今年もありがとう槍、涸沢

すんません、出かけてました。


  一足早く秋を満喫してきました。

  ご訪問できなくてすみませんでした。

  IMG_5111涸沢
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
最新コメント
ブログにお付き合いいただきましてありがとうございます。

キーサン

Author:キーサン
石川県金沢市内在住の40歳代のオッチャンです。スキーや登山、キャンプ、旅行などアウトドアや子供と遊ぶ事に命を懸けています。これからもお付き合いよろしくお願い致します。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。