スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉を見に1日目

 10月14(日)

  やって来ました。ここは、岐阜県の平湯温泉のあが
 んたに駐車場です。ここに車を止めてバスで上高地に
 向かいます。
 
CIMG02291日目

 PM2:00

  バスが出発しました。濃飛バスです。 
 安房トンネルを抜けて、新釜トンネルを抜けて狭い山道
 を走ること約30分いよいよ上高地に到着しました。

 CIMG00201日目

 PM2:30

  日曜日の上高地ご覧のように人が一杯です。
 帰りのバスに乗るための長蛇の列ができています。


 CIMG00281日目

  見てくださいこの景色、たくさんの観光客がこの雄大な
 景色を楽しみにやってきます。これが有名な河童橋です。

 CIMG00311日目

  しばらく、この景色を楽しみます。
 2年ぶりの上高地です。そういえば2年前のブログにも
 書いてありました。

 CIMG00341日目

  このきれいな川の流れいいですね、心が癒されます。

 CIMG00351日目

 さて、ここは出発地点です。
 今日の行程は、2時間半(約10km)ほど歩いて横尾を
 目指します。

 CIMG00361日目

  上高地から明神の間は、明神池を目指す観光客の姿
 も見えます。けっこう道幅いっぱいに広がって歩くの
 ちょっとやめてほしいですね

 PM3:00

  30分ほどで明神に着きます。
 ちょうどいい気温ですね。歩いているとちょうどいい
 くらいの気温ですが、休憩すると体が冷えてきます。
 

 CIMG00401日目

  つきは、徳沢を目指します。
 ここからは、観光客はほとんどいません、登山客だけ
 になります。
 
 CIMG00411日目

  ときどき、木陰から猿が現れます。でも、普通に歩
 いていれば何も危害をくわえません。自然に徒通り過
 ぎていきます。かわいらしい親子の猿もいました。
  餌をやったりしたらいけませんよ。たちまちあじを
 しめてみやげ物屋や旅館などを荒らしまくります。

 CIMG00451日目

  PM3:40

  徳沢とキャンプ場を過ぎて徳沢園に到着です。
 テントの数たくさんあります。ここまで普通に歩いて
 1時間ちょっと観光客もここまで足を伸ばせばもうち
 ょっといい景色を楽しめますよ。ここでは食事もでき
 隣の徳沢ロッジでは日帰り入浴もできます。この辺は
 もう1週間から10くらいで紅葉の盛りかな

 CIMG00471日目

  あと、40分歩きます。登る時はあまり景色を楽しま
 ないのですが、今日の行程はゆっくりなので景色を楽し
 みながらひとり言を言いながら歩いていきます。

 CIMG00521日目

  ときどき見える紅葉した木、きれいですね。
 上流の川の水量がまったくありません。この地域今年は
 あまり雨が降っていないようです。

 CIMG00531日目

  PM4:20

  さあ、いよいよ今日の宿泊地の横尾に到着です。
 横尾山荘でキャンプの受付を済ませて幕営の開始です。

  地面は川原なのでペグを打っても必ず石にあたり刺さ
 りません。大きな石を探してきてロープを石に固定しま
 す。


 CIMG00621日目

  この時期、5時を過ぎるともう真っ暗です。
 山荘の明かりと近くの公衆トイレの明かりくらいしか無
 く辺りは真っ暗、ヘッドライトを付けて夕食の準備です。

 CIMG00571日目

  寒いので山荘で買った信州の地酒「岩波」をいただき
 ます。冷えた体に染み渡ります。つまみに持ってきたさ
 きいかです。携帯ラジオから流れる演歌を聴きながら1
 人で晩酌です。夜空を眺めながら明日の天気大丈夫かな
 空には満天の星空、天の川まで見えます。はくちょう座
 カシオペア座持っている知識をしぼり出して正座を探し
 ます。最近、こんな星空見たことありません。下界では
 星なんかほとんど見えなくなってしまいましたね。

 CIMG00601日目

  そんな事つぶやきながら夜は更けてゆきます。

  つづく・・・・
スポンサーサイト

theme : 今日の出来事
genre : 日記

紅葉を見に 2日目 横尾から涸沢へ

  10月15日(月)

  寝たか寝んか分らないうちに夜が明けました。
 朝方冷え込んだな~と思って外に出てみると霜です。
 テントに霜が降りています。凍死寸前です。去年買
 ってもらった新しいシュラフのおかげで一命を食い
 止めることができました。そういえば、2年前に来
 た時は、確かキャンプ用のシュラフだったな~ぁ
 あん時も寒かった事、覚えています。 

 CIMG0191 2日目

  霜のついたテントをたたみます。手が冷たくて痛
 い、これからこんな季節がやってきます。寒いの苦
 手なんですよね。(じゃあこんな所来るなよ)と言い
 たくなりますが、それでも見たい景色があるんです
 よね。

 CIMG0063 2日目

  テントが濡れて重たくなっています。
 横尾の橋を渡って行きます。この橋を渡らずにまっすぐ行
 くと槍へ行きます。渡ると、涸沢、穂高方面です。いよい
 よここからは山道に入ります。

 CIMG0065 2日目

 AM7:00

  渡ってすぐにまた、猿に出くわします。
 冬支度でしょうか、餌を探しているのでしょうか、ゆっく
 りと山の中に入っていきました。

 CIMG0066 2日目

  正面に見えるのが北穂高岳です。

 CIMG0069 2日目

  屏風岩、上高地から見た、明神岳の反対側です。
 この谷間を縫うように登山道は続きます。

 CIMG0070 2日目

  AM8:00

  1時間ほど歩くと本谷橋、みなさんここで休憩します。
 この川も水がありません。そういえば、涸沢の小屋では
 水不足が続いているようです。だんだん木々が色付いて
 きました。
 
 CIMG0072 2日目

  ここから急なのぼりが続きます。
 この辺から赤いナナカマドの紅葉が楽しめます。

 CIMG0074 2日目

  奥穂、涸沢岳が現れました。涸沢はもう少しです。
 黄色がすごいきれいです。
 
 CIMG0080 2日目

  山に黄色と赤のじゅうたんを敷き詰めたように鮮やか
 ですね。

 CIMG0081 2日目

  AM10:00

  登る事、3時間で涸沢ヒュッテに到着です。
 先週の週末はテント1,000張りだったみたいです。
 今日は平日、テントもまばらです。なんか罪悪感に
 かられます。

 CIMG0082 2日目

  まだ、10時ですか、少し休憩して周辺を散策します。  

  日差しが射しているとこは暖かいのですが日蔭は寒い
 です。なんか上着が必要です。

 CIMG0083 2日目

  テラスでボーと景色を見ているのがいいですね。

 CIMG0084 2日目

  つづく・・・・

theme : 今日の出来事
genre : 日記

紅葉の涸沢

涸沢到着後少し休憩してから散策を開始

  この絶景なかなか写真では伝わるかどうかわかりません
 が山全体が紅葉しております。

  やっぱり涸沢の紅葉は日本一ですね。
 スケールが違います。

  人はなぜ山に登るのか、この景色を見れば理由が分かります。

  北穂高岳方面

  CIMG0089山

  涸沢岳方面

  本当はこの稜線まで行きたかったのですが今朝の寒さで
 ちょっと体調不良のために断念しました。  

  CIMG0090山

  涸沢へ来たのはこれで5回目で来ると必ず晴れています。

  太陽の日差しが射しているのといないのじゃ全然景色が違い
 ます。  

  CIMG0097山

  奥穂高、前穂高方面

  大きな雪渓が残っています。

  ゴールデンウィークの小屋開けの頃の積雪は8mほどある
 そうです。

  CIMG0126山

  こちらが涸沢小屋です。行ってみることにしました。
 涸沢ヒュッテから歩くこと15分、近く見えますが歩くと
 けっこう距離があります。

  CIMG0108山

  行ってみると小屋閉めの真っ最中です。

  屋根に乗っかていたソーラーパネルなどを外していました。

  CIMG0115山

  11月の初めには、小屋を閉めるみたいです。
 昼ごはんにします。涸沢小屋でうどんを食べました。

  山小屋では昼の食事なども提供しております。
 ラーメンやカレー、牛丼なんかもあります。

  ヘリで荷揚げするため値段はけっこうしますよ。

  CIMG0122山

  涸沢ヒュッテに戻って名物のおでんをいただきます。
 この寒い時にこのおでん体が温まります。

  CIMG0136山

  テラスでのんびりと生ビールを飲んでいる人たちもいます。

  さて、これからどうしようかと考えた末に途中の徳沢あた
 りまで下りることにしました。

  CIMG0137山

  標高が高いのでこの寒さにはちょっと耐え切れません。
 何か年々寒がりになっているみたいです。寒さにはかないません。


  つづく・・・・

theme : 今日の出来事
genre : 日記

紅葉 下山

 PM12:00

  名残惜しいですがいよいよ今朝登ってきた道を
 下ります。

  山とお別れです。来年も絶対にここに来るぞ~と胸に誓
 ました。
 
  CIMG0142山

  帰りはゆっくりと景色を楽しみながら歩きます。

  CIMG0143山

  紅い葉っぱはきれいですよね。

  CIMG0154山

  平日ですが登ってくる人けっこういます。
 最近流行の山ガールの人たちも多いです。
 あとは、年配の夫婦とかアマチュアカメラマンのグループ
 大学生と思われるサークルの集まりとかかな。

  CIMG0157山

  標高が下がるにつれて木の種類も変わってきます。
 もみじの葉っぱも真っ赤できれいですね。

  CIMG0158山

  PM2:00

  昨日宿泊していた横尾山荘に到着です。
 そのまま降りてくるのならリュック置いていけばよかっ
 たですね。登る時は涸沢で泊まる予定だったのですから
 仕方ありませんね。

  CIMG0177山

  PM3:00

  徳沢に到着です。1時間ほどで上高地に行けるのです
 がもう1泊、山を楽しみたいと思います。


  CIMG0184山

  霜でびしょびしょになったテントを張って乾かします。
 シュラフも少ししみっています。ラジオを聴きながら景色
 を楽しみます。徳沢や横尾はほとんど通り過ぎる事が多い
 のですがチャンスがあれば泊まってみたいと思っていたの
 ですが今回は両方に泊まる事ができ本当に良かったです。

  CIMG0183山

  PM6:00

  なんか食欲がわかないので持ってきたベビースターラー
 メンと小屋で買ったポテトチップス、そしてアルプス正宗
 で最後の夜を楽しみまました。体が温まります。

  今晩も夜空がきれいです。

  CIMG0190山

  AM7:00

  夜、何回も目が覚めて寝たのかよく分からない感じで朝を
 迎えました。明るくなると外がざわざわしてきます。山の朝
 は早い早いもう少しシュラフで寝ていたいのですが。

  外に出るとやっぱり氷点下です。今日も霜が降りています。

  太陽が当たる時間までしばらく干しておきます。
 テントの中も結露して濡れています。

  朝飯の準備にかかります。朝はいつものパンと即席スープ
 です。寒いのでスープで体を温めます。

  CIMG0197山

  AM9:00

  いよいよ片付けも終わり出発です。

  明神まで40分、そこから上高地までは30分計1時間と
 ちょっとの道のりです。

  CIMG0198山

  今日もゆっくりと景色を楽しみながら歩きます。

  山に来て3日間とも晴れていたのって今までにあったかな
 こんなに天気に恵まれた山旅、あったかな?

  CIMG0199山

  上高地にはこんな池や沼が数多くあります。しばし水面に
 映る山の風景を楽しみます。

  CIMG0205山

  AM10:00

  しばらく歩くと上高地河童橋に到着です。

  今日も上高地はたくさんの観光客であふれかえっております。

  CIMG0222山

  河童橋から望む穂高連峰の風景は絶景ですね。

  CIMG0224山

  10:30のバスに乗って平湯あがんたに駐車場に向か
 います。

  平日ですがこれだけたくさんの観光バスが入れ替わり立
 ち代わりやってきます。

  CIMG0227山

  あがんたに駐車場に到着です。

  CIMG0231山

  最後に平湯温泉ひらゆの森で旅の疲れを癒します。

  ここの風呂露天風呂がたくさんあっていいですよ。

  奥飛騨温泉独特の白く濁った硫黄泉です。3日ぶりの
 風呂です。石鹸もシャンプーも泡が立ちません。

   CIMG0232山

  温泉ですっきりして、帰り道山の帰りによく立ち寄る
 うどん屋で昼飯を済ませてから帰りました。

  こんな2泊3日の涸沢の紅葉の山旅でした。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
最新コメント
ブログにお付き合いいただきましてありがとうございます。

キーサン

Author:キーサン
石川県金沢市内在住の40歳代のオッチャンです。スキーや登山、キャンプ、旅行などアウトドアや子供と遊ぶ事に命を懸けています。これからもお付き合いよろしくお願い致します。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。