fc2ブログ

久しぶりの更新・七倉~船窪小屋・七倉岳


 5月10日以来の3カ月ぶりの更新です。
 皆さん元気してますか~
 こっちはコロナにも感染せずに何とかやっています。
 梅雨明けと同時に仕事も一区切りしてきました。

 今年は長い盆休みで毎日4時間のウォーキングの
成果を果たすべく久々に山に6月の始めに雪の白山
へ行って以来、今年2回目

 長野県大町市の山の中にある七倉山荘が玄関口

 船窪小屋を目指します。

 1P8111001.jpg

 七倉山荘、山間にある1軒宿

 静かな時期に来てみたいですね

 2P8111002.jpg

 いよいよ出発

 今回もひとりぼっちの山旅です。

 トンネルの手前を左へ行くと登山口

 トンネルをくぐっていくと高瀬ダム烏帽子裏銀座方
面です。

 3P8111003.jpg

 船窪の登り噂には聞いてましたがかなり急な登り
が最初から続きます。

 コロナの影響でしょうか登山道はほとんど人はいま
せん。3組の登山者に抜かれたぐらいかな

 こんなきつい登りあまり登りたくないんでしょうか

 4DSC_0645.jpg

 3時間ほど登ったでしょうか鼻突八丁

 ここからの木製の梯子の連続は重たいザックをか
ついだ体にこたえる~

 予想以上のきつい登り

 普段あまりとらない休憩をとらざろうえません

 水も2L持ってきましたが残り少ない

 ここまでの登りはほとんど視界も開けない森林の
中を歩きます。

 5DSC_0625.jpg

 いよいよ天狗の庭

 ここへ来てやっと視界が開けます。

 裏銀座~槍ケ岳、対岸には燕岳などの表銀座

 北アルプスに帰ってきました。

 ここから船窪まで50分て書いてあります。

 6DSC_0628.jpg

 最後の力を振り絞って登ります。

 ここでやっとチングルマなどの高山植物も咲いて
ますね。もう時期は遅いのかほとんど綿毛に

 稜線を超えていく風は汗をかいた体に心地よくし
みわたります。

 7DSC_0631.jpg

 お昼前には船窪小屋に到着

 こじんまりしたランプの宿です。

 風情があって良さそうですね

 3日ほど前にテント泊で予約を入れてありますの
で受付もスムーズにここでは持参したマスクと消毒
液が欠かせませんね。小屋もコロナ対策は十分に
行われてるようですが

 お客さんが少ないとなげいていました。

 船窪から縦走で烏帽子方面は登山道が崩壊し通
行止め、蓮華岳を超えて針ノ木岳へは針ノ木小屋も
その先もやってないようで元気のある方はどうぞって
山小屋のご主人は言ってましたが山小屋が営業し
てないようじゃ体力的には無理そう

 8DSC_0634.jpg

 ここへきてさっきまで雲に覆われていた槍の穂先も
顔を出してくれました。北アルプスに来たら拝みたい
ですね

 何回見てもあの雄姿はあきませんね

 9DSC_0635.jpg

 対岸には立山~五色ヶ原、スゴ乗越、薬師岳、去年
通ったるルートが、あの長い稜線を歩き通したなんて信
じられませんね

 10P8111010.jpg

 小屋から15分ほどで七倉岳山頂へ到着

 針ノ木岳や蓮華岳、縦走してみたいですね

 小屋から下ること20分くらいでしょうかテント場へ
七倉山頂付近で散策してたおばちゃんが連泊でテ
ント張ってるみたいで昨晩はテント1張だったみたい
でこっちも心細くないです。そういってる間に数組の
テント泊の姿も

 ここのテント場、急な崖の下に水場があるって聞
いてたんですがどうやら水が枯れてしまってるようで
しぶしぶ小屋へ水を買いに往復50分の道のりを

 小屋に着いて汗をかいたので缶ビールを

 テント場に戻って早い夕食を食べて

 疲れたので早く寝ました。

 11DSC_0641.jpg

 翌朝、天気も良く晴れ渡りました。

 なんか疲れてたので6時頃まで爆睡してました。

 夜ざわざわと風が強く吹いていたみたいですが
そんなの気にせずに寝てました。

 この天気だと山頂からはご来光も見えたんでしょ
うか誰かに聞こうにももうテント場にはテントが撤収
された状態で誰もいません

 まあ今日は下るだけなのでゆっくり朝飯の準備を

 少し湿ったテントも乾かしてザックへ無理やり詰め
込みます。今回も無駄な物ははぶして必要最小限
にして持ってきた食料も食べ干して

 12DSC_0642.jpg

 しばし稜線からの景色を

 次はいつ来れるかなぁ~

 早く平和で安心して暮らせる生活が戻るように
心に思いながら下山

 急な下りでつまずくと骨折や下手すると死に至る
ケースもあります。

 今年新調した登山靴も慣らしながらゆっくりゆっくり
下ります。

 10時頃にはヘタヘタになって七倉山荘へ無事に到
着、まだ誰もいない風呂は貸し切り状態、ゆっくり浸か
って疲れを癒します。

 InkedP8121013_LI.jpg

 風呂から上がって湿った服を袋に詰め込むと臭いに
おいが車に漂ってきます。テントやシュラフも時間があ
るので乾燥させれば帰ってからの作業も短縮

 時間があるのでここで昼飯も自炊

 まだまだコロナの規制はたくさんあります。立ち止ま
っていたんじゃ何も解決になりませんね一歩一歩前に
進んでいかねば。

 これからもコロナに負けずに険しい道のりも乗り越え
て行きたいと思います。

 これからもよろしくお願いします。

 ありがとうございました。

 

 
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
最新コメント
ブログにお付き合いいただきましてありがとうございます。

キーサン

Author:キーサン
石川県金沢市内在住の50歳代のオッチャンです。スキーや登山、キャンプ、旅行などアウトドアや子供と遊ぶ事に命を懸けています。これからもお付き合いよろしくお願い致します。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -